第一工業大学の就職

都築学園が運営母体となっている第一工業大学の2016年度卒業生の就職率を見てみると、85.6%を記録しています。第一工業大学の卒業生で就職した学生を見ると、すべてが正規職員の雇用形態で採用されています。残りの人たちですが、4名が大学院に進学してさらなる研究活動を行っています。また6名は専修学校や海外の教育機関に留学してキャリアアップを目指しています。

第一工業大学の2016年度の卒業生は223人に上ります。その中で就職準備中のものが20名、そのほかのものが2名います。第一工業大学の高い就職率は、大学全体で学生の就職サポートを実施しているからです。業種別でどのような分野で就職しているか見てみると、建設業が最も多く32%を占めています。次いで多いのが製造業で15%になります。その次は技術サービス業の13%、卸・小売業とその他サービス業の12%が続いています。

第一工業大学は鹿児島にキャンパスがあります。そのような関係で、地元に就職する学生は多いです。地域別でみると全体の22%を占めています。また鹿児島以外の九州や沖縄地方も31%を占めているので、キャンパスの近くで就職先を見つけるケースが多いです。ただし上野にもキャンパスがある関係で、関東や信越も31%の学生が就職しています。

東北工業大学の就職

2016年度の東北工業大学における就職率ですが、正規の職員として就職した人を対象にした場合91.7%となります。大学を卒業したほとんどの学生が就職先を見つけています。残りの人を見てみると、大学院への進学を希望する学生が多いです。さらに外国の学校に留学する学生も見られます。就職準備中などの進路の決まっていない学生は553名の卒業生の中で15名だけです。

東北工業大学に提供されている求人情報を見てみると、多く案件の集まる業種がいくつかあります。特に多いのがITや情報関係の企業の求人です。ITやコンピューターに興味のある人は、東北工業大学で勉強すれば専門性の高い教育が受けられますし、希望する企業への就職のチャンスも広がります。

そのほかには工業大学というだけあって、製造関係の企業の求人もかなり多いです。さらに少し意外なところでは、サービス関係の企業の求人も東北工業大学には活発に提供されています。サービス関係の企業の場合、どの学部でもまんべんなく同じような感じで求人が出ています。地域別でみてみると、東北工業大学だけあって東北が多そうなイメージがあるでしょう。しかし実際のところ、関東地方における求人が圧倒的に多いです。