千葉工業大学の就職

千葉工業大学は就職率の高さで話題になっています。工業大学というと、製造系に就職すると思う人もいるかもしれません。しかし千葉工業大学の場合、決してそうは言い切れません。2016年3月の卒業者のデータを見てみると、製造業に就職した学生は38.7%程度で非製造業は61.3%を占めています。

非製造業の中でもっと具体的にどのような業種に就職しているかですが、卸売や小売などのサービス業が28.7%、情報通信業が21.9%と大半を占めています。製造業の中でどのような業種に進出しているかですが、最も多いのは建設業で21.3%を占めています。そのほかには飲食や印刷、化学工業、金属製品、生産用・業務用機器、電子関係、輸送用機器などが同じような割合で続きます。

千葉工業大学では10%程度の学生が、さらに学問を究めるために大学院に進学しています。大学院を卒業してから就職する場合、製造業で働くケースが多いです。製造業が全体の52.6%と過半数を占めます。大学院卒で製造業に進出する学生の中でも、建設業が多いです。しかし生産用・業務用機器や電気関係のメーカーに就職する学生も少なくありません。大学院に進学するというのも、選択肢の一つになります。